アルツハイマー型認知症に対する米イーライ・リリーの新薬の国際試験に、東京大学が年内にも参加します。認知症の症状が表れるより前の「超早期」と呼ばれる段階で新薬を投与する試験で、認知機能低下を遅延させられるかを検証します。日本人のデータがあれば国内での承認申請などにも活用しやすくなり、新薬開発に弾みが付きそうです。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM