厚生労働省は27日、抗がん剤など高価な画期的新薬の価格抑制に向けた議論を始めました。一人当たり年3,500万円かかるがん免疫治療薬「オプジーボ」対策が柱。適正使用に向けたガイドライン(指針)を年内に作り、合わせて保険適用する病気の対象を広げる際に薬価を値下げできる仕組みを検討します。年8兆円にのぼる薬剤費の抑制につなげる狙いです。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM