都道府県別の最低賃金について、労使代表や有識者で議論する厚生労働相の諮問機関・中央最低賃金審議会の小委員会が、今年度の全国平均の引き上げ額の目安を24円とすることを決めました。目安を時給で示すようになった2002年度以降、最大の上げ幅となりました。

目安通りに改定されれば、最低賃金の全国平均は現在の798円から822円に上がる見通し。

目安を受けて今後、各都道府県の最低賃金審議会が最終的な引き上げ額を決め、10月頃から適用されます。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM